クリエイターと企業のリンクステーション

クリ8からのお知らせ:2014-12-25

仕事につながる「2015第一回クリ8スクール」開校のお知らせ

仕事につながる
「2015第一回クリ8スクール」開校のお知らせ

いつもオフ・クリエイトをご利用いただきありがとうございます。
クリエイター支援サイト「クリ8」は今までにイラストレーターバージョンアップ講座「佐々木悟郎塾」「片桐淳一塾」「イラストレーターの為の絵本塾」、ギャラリー企画「ようこそ先輩展」、トッパン・フォームズとの共催で「ペーパーレストラン展」等を主宰・運営してきました。日常的には北海道から沖縄までのクリ8会員の仕事の斡旋、個別的な相談等をしてきました。
その経験の中で私は現在イラストレーターの本当の悩みは何なのか?絵の技術的な悩みの解決だけではなく、自分の絵のポジション、個性、方向性のアドバイスを受けたい、或るいは、どういう絵を描くことが仕事に通じるのか?どこに、誰に営業すればよいのか?という事を一番切望しているのかということを感じました。
そこで今回下記のような「2015第一回クリ8スクール」を立ち上げました。
内容に興味のある人は奮ってご参加ください。


追伸:課外授業についてはクリ8では過去に千葉市美術館で「伊藤若沖展」世田谷美術館で「佐藤忠良展」等を佐々木悟郎先生、片桐淳一先生とご一緒して行きました。
イラストレーターが絵の技術以外に、人として、生き方として幅広く自分を磨く事が大切だと思い企画しました。と同時に、新しいお友達をみつけることにもなります。これは参加自由です!
今後第二回三回と継続してクリ8スクールを開校する予定です。授業内容も出版以外に雑貨、パッケージ、テキスタイル、ファッション、キャラクター、グッズなど幅広く活躍できるステージを見つけたいと思います。どうぞご期待下さい。


【Information】

仕事につながる
「2015第一回クリ8スクール」開校
イラストレーターとして一本立ちするのに必要なすべてが学べる学校です!

あなたの悩みを「クリ8スクール」で解決しませんか?
クリ8は永年、クリエイター支援サイト、特にイラストレーター支援サイトを運営してきました。その間、イラストレーターバージョンアップ塾、イラストレーターの為の絵本塾、ギャラリー企画「ようこそ先輩展」等を手掛けてきました。北は北海道から南は沖縄まで多数のイラストレーターが登録されています。クリ8に掲載している各イラストレーターの小さなホームページから、仕事の発注、斡旋も行っています。
そのクリ8が、より仕事に直結した学びの場「クリ8スクール」を開校します。イラストレーターとしての可能性をここで一気に開花させてください。

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?
・イラストレーターとして仕事のオファーがくる環境をどう作ればよいか?
・発注する側の検索エンジンの上に「どう引っかかるか?」
・「自分の絵はライバルと比べて個性があるのか?」
・「自分の絵のワールドを持っているのか?」
・「どの絵で勝負しようとしているのか?」
・絵又はイラストレーションで飯が食えるようになるために自分は何をすればいいか?

そのお悩み、「クリ8スクール」が一挙に解決します!

始まりは「クリ8ポートフォリオレビュー」から!
「クリ8スクール」に参加ご希望の方は、まずマイポートフォリオをクリ8にお送りください。その際、今あなたが悩んでいることを一点お書きになり、プロフィールと一緒に送ってください。「イラストレーションファイル」編集長の片桐淳一氏とクリ8小山が拝見し、無料でアドバイスさせていただきます。


仕事につながる「クリ8スクール」の概要

ファーストセッション
ポートフォリオレビュー(参加費無料) 
片桐淳一(イラストレーションファイル編集長)
小山英夫(クリ8)
上記2名のアドバイザーが皆さんのポートフォリオを拝見し、的確なアドバイスをお届けします。クリ8にあなたのポートフォリオを送ってください。

㋑どういうタッチがいいか
㋺どういう個性を持つべきか
㋩自分自身のイラストレーションの特長・ワールドは何か
㊁他者と、どう差別化すればいいか
㋭ポートフォリオと一緒にあなたのプロフィールと現在の悩み事を書いたレポートを送って下さい。

上記のような点を検討した上で、方向性・ポジショニングをアドバイスし、それぞれと面接しながら、各人の新しい可能性を広げていきたいと思います。


特別講師(承認済み)
長友啓典(K2主宰):1939年大阪生まれ。1964年桑沢デザイン研究所卒業。日本デザインセンター入社。
1969年黒田征太郎とK2設立。
エディトリアル、各種広告、企業CI、及びイベント会場構成のアートディレクション
を手がけるほか、多数の小説に挿絵、エッセイ連載など、現在に至る。
日本工学院専門学校グラフィックデザイン科顧問、東京造形大学客員教授

副田高行(副田デザイン制作所):1950年、福岡県生まれ、東京都育ち。1968年、東京都立工芸高等学校デザイン科卒業。スタンダード通信社、サン・アド、仲畑広告制作所を経て副田デザイン制作所設立
受賞: 朝日広告賞、東京ADC賞、TCC特別賞、毎日広告デザイン賞、読売広告大賞、フジサンケイグループ広告大賞新聞制作者賞、日経広告賞、日経広告賞商品広告賞など受賞多数。東京アートディレクターズクラブ会員、東京タイポディレクターズクラブ会員、日本グラフィックデザイナー協会会員

岡本一宣(岡本一宣デザイン室AD):1951年長崎県生まれ。1974年武蔵野美術大学造形学部商業デザイン学科卒業。1979年(有)岡本一宣デザイン事務所設立。1992年(株)岡本一宣企画室設立。エディトリアル・デザインを中心として、一般誌、PR誌、写真集、単行本などのアートディレクションを行なっている。その他、企業のCI、 VIそれに伴うコンセプト作り、ヴィジュアル制作や広告制作なども手がけている。

山岡茂(スタジオ・ギブ):京都生まれ。京都市立芸術大学を卒業。1979年Studio・Giveを設立。Days Japan(講談社)等のエディトリアル・デザインに参加。エディトリアル・デザインを中心に広告の場にも活動を広げる。[TEXTURE](講談社)のアートディレクションを担当。1988・1989年 全国カレンダー展にて通産大臣賞。1989年[TEXTURE]にて、ADC賞、原弘賞。ドイツ国際カレンダー展で1988年 銀賞、1990年 金賞を受賞。[JAPAN・PRINT'91]展 出展。1992年フランス ショーモンポスターフェスティバルにて3位受賞。ギンザグラフィックギャラリー・リニューアルオープニング展、[TRANS-ART]展のポスター、カタログ等制作。1996年[紀文]シリーズ雑誌広告にてフジサンケイ広告賞受賞。etc.
現在、日本文化デザインフォーラム会員。

大久保裕文(ベターデイズ):1959年東京下谷生まれ。東海大学文学部、セツ・モードセミナーを経て桑沢デザイン研究所を卒業。 1990年デザイン事務所ベター・ デイズを設立。雑誌を中心に書籍、広告などグラフィック全般に活躍。 CREA、LUCi、レタスクラブ、Style、GOETHE誌等 のアートディレクションおよびデザインを行う。受賞に、2005年・2006年に光文社新聞広告で読売出版広告賞・金賞を2年連続で受賞。 2005年にはイラストレーション誌 チョイス審査員を務める。

緒方修一(装丁家)
デザイン事務所LAUGH-IN主宰
装幀家 元新潮社装幀室
アートディレクター 福岡県出身




仕事につながる「クリ8スクール」
入会金 5,000円
参加費1回5,000円
5回参加費 20,000円 
追伸:クリ8メンバーは入会金不要。

仕事につながる「クリ8スクール」課外授業
イラストレーターとして飛躍するためには、教養・知識、人生を楽しむことが必要です。
(自分の教養、人脈の幅を広げましょう)
課外授業
① 各美術館巡り
② 歌舞伎鑑賞
③ 音楽鑑賞
④ 落語
⑤ グルメ(3か月に1回 講師+生徒と懇親会)
⑥ 特別授業 作家、政治、経済、科学等、各界の一流の人の講演

追伸:遠距離及び地方の皆さんはポートフォリオチェックの後、上京せずメールでの対応を考えていますので、ふるってご参加ください。

参加希望者 申し込み書メールを下記必要事項を書いてcre-8@cre-8.jpに送って下さい。

「クリ8スクール」に参加します。
名前
住所
メール
連絡先(携帯電話)

申し込み締め切り 2015年1月25日(日)まで(定員に達し次第締め切ります)