クリエイターと企業のリンクステーション

クリ8 ラウンジ:2015-06-16

クリ8スクール第2弾特別講師編―長友啓典先生

日時:6月15日 16:00~18:00


各生徒のポートフォリオチェック前に先生よりお話しがありました。

①趣味でなく、イラストレーションを職業にしたならば、とにかく毎日1枚でいいから、絵を描くこと。今の人は描く量が少なすぎる。それを5年続けたら何枚になりますか?楽してはいけない。
②文体に個性があるように、色にも個性があります。自分の世界の色彩感覚。世界を作って下さい。
歌舞伎の玉三郎さん、イラストレーター田中靖夫さんの例を出し、たいへん勉強になるエピソードを語ってくれました。
③ひとつの素材で、例えば顔ならば、100通りの顔を描いてみること、有名作家○○さんは、世に出る前に柳コオリに何箱も書いて、持っていった。有名歌手○○も、デビューまでに500以上の曲を描いていた。
具体的なエピソードを話してくれた。
④クリエイターは好奇心がないとダメ
⑤いろんな本物を見なさい、絵を描く技術だけでなく、自分自身を高めなさい。
⑥自分でこれを決めたら、あらゆるシチュエーションを想定していっぱいいっぱい、たくさん量の絵を描いて下さい。やり続けること。

その他、豊富な人脈を持つ長友先生から、すばらしいためになるエピソード・話があり、皆一同、大感激で、あっという間に時間は過ぎました。