クリエイターと企業のリンクステーション

HB Gallery:2010-10-24

南伸坊個展 「おばけの生活」

今週(10/22~27)のHBギャラリーは南伸坊さんです。
タイトルは「おばけの生活」です。

DMに
「私は日本のおばけの絵が大好きです。
なんでなんだか、日本のおばけの絵はとぼけていてとてもカワイイ。
それで私もそういうおばけの絵が描きたくなりました。
題は『おばけの生活』です。」と書かれてあります。

僕たち世代のあの有名な「ガロ」の編集長を7年務めて1980年からフリーのイラストレーター、エッセイストとして活動。
路上観察学会の結成に参画するなど、旺盛な好奇心、ユーモア作家として活躍されています。

なぜ、今回、このテーマにしたんですかと聞いたところ、今年1月までに13ヵ月にわたり読売新聞朝刊に連載された「宮部みゆき」さんの「三島屋変調百物語事続」-「あんじゅう」のさし絵を担当しました。

もともと日本のおばけの絵が好きで、江戸時代に半シロウトの人たちが描いたおばけの絵が好きで、この二つの延長戦で今回、
「おばけの生活」というテーマで23点、描きあげました。
どの絵をみても、南伸坊ワールドが満ちあふれ、決して他の人では絶対マネのできない、軽妙酒脱、ユーモア溢れた23点が並んでいます。

とにかくそれぞれのタイトルと絵の関係が、また、たいへんおかしくて、南伸坊落語をみているようです。どうしたら、こんな力が抜けたおかしな世界ができるのか感心しました。

タイトル
1 ヌレルノキライ
2 内職
3 ねえねえ
4 たぬさい
5、6、7 おでかけですか
8 ペット
9 散歩
10 フスマをあける
11 勝手にカツブシ
12 人言吾をしゃべる
13 ハリガミ
14 ガンバレ
15 コレか?
16 関係
17 話せばわかる
18 オバケのマラソン
19 オバケの夜遊び
20 三人衆
21 タクシー
22 お面
23 うどん
とすばらしい世界です。
南伸坊ワールド-バンザイ!!
まいりました。