クリエイターと企業のリンクステーション

ギャラリー・クリエイトのfacebookページへ行く「いいね!」お願いします!

HBギャラリー:2011-09-10

中島良二個展「うそつき」

中島良二個展「うそつき」

HBギャラリー
9/9(金)-14(水)
11:00am~7:00pm

今週(9/9→14)のHBギャラリーは中島良二さんです。

タイトルは「うそつき」です。

DMに、
エンターティーナーは偉大なるうそつき。
笑顔欲しさに今日もうそを重ねる。
と書かれてあります。

大阪在住。
神戸大学発達科学部人間行動表現学科卒。
神戸大学人間総合人間科学研究科中退後、フリー。
デザイナー近藤聡とのユニットCOMPOTERMUCHとして活躍中です。
第14回 ザ・チョイス入選
HBファイルコンペVOL.20 藤枝リュウジ特別賞受賞

主な仕事。
スターバックスコーヒージャパン(タンブラー、マグカップ(D))
アサヒ・ファミリー・ニュース社「暮しの風」の表紙 2007→2008動物シリーズ
フロレスタ(ショップアイデンティティー)、ポスター、カレンダー
象印マホービン(マグボトル) 等があります。

本人に「うそつき」というタイトルのテーマ、意味合いを聞きました。
DMに描かれてある玉ころがしの横で笑っているピエロのイラストレーションは、このピエロは玉ころがしが大変得意で、おはこです。
しかし、わざと失敗をし、にこにこ笑っている。
これは最大のエンターテーメントで「うそつき」です。
このように自分も絵を描き、人に喜んでもらいたい。
このようなイラストレーターをめざしていると語ってくれました。

「ビスマルク」
「百日草」
「Cutie-Pie」
「うそつき」
「のしのし」
「夏のお嬢さん」
「石庭」
「猛獣使い」
「1985年」
「パルサキッズ」
「Fruteria」
「HOTEL BAJO NOILLO」
「アムール・トラ」
「チワワとマダム」
「追いはぎ」

タイトル「1985年」は、タイガースファンの私としては、うれしい作品です。
1985年頃は、作家は、まだ小学生位だったそうで、まさか阪神が優勝するとは思っていなくて、友だちの間では「うそつき」呼ばわりされたそうです。
それぞれの「タイトル」の「うそつき」が余り国語的に、絵との関連を深く意味づけない方がよろしいと本人は言っていました。

とにかく、会場に来て、彼の大阪人の人を喜ばすのが好きな絵を見に来てください。
ほっとします。

これからの活動としては、プリント媒体以外の広告、雑貨、グッズ・・・等、巾広い市場のプロデューサー、AD、CD等に営業を広げて下さい。

お手伝いします。
連絡下さい。