クリエイターと企業のリンクステーション

2010-01-21

More Art + More Music展

西村 誠

2010年01月21日(木)-2010年01月24日(日)

場所 デザインフェスタギャラリーEAST 102 東京都渋⾕区神宮前3-20-2


2009-12-22

「○△□展 2010(長友啓典・浅葉克己・青葉益輝)」

2010年01月18日(月)-2010年02月19日(金)

丸(長友)△(浅葉)□(青葉) いま、古希の神が舞い降りる。
「○△□展 2010 (長友啓典・浅葉克己・青葉益輝)」

今回の展覧会のために三氏が共通のテーマで制作した
新作ポスター各11展(計33点)と、過去の代表作ポスター各10点(計30点)を展示します。
また、デザイナーデビューから現在に至るまでの50年間の作品と
当時の写真やエピソードで振り返ります。

■オープニングパーティ:2010.1.18(月)19:99-20:30


-会場:クリエイションギャラリーG8
中央区銀座8-7-17 リクルートGINZA8ビル1F
TEL:03-3575-6918
tttp://rcc.recruit.co.jp/

-開館時間:11:00-19:00(日祝日休館)


2010-01-14

木田安彦の世界

2010年01月16日(土)-2010年03月22日(月)

現代の日本美術界において常に高く評価されてきた木田安彦は、木版画をはじめとしてガラス絵、板絵などの絵画作品からポスター、カレンダーに至るまで幅広いフィールドで日本文化の精髄を表現し、京都から世界へ精力的に発信し続けています。世界各地の街とそこに暮らす人々を、木田安彦ならではのヒューマニズムに溢れる視点で捉え、繊細かつ大胆な独特の構図によって生み出される力強い作品群は、国内外で注目を集めています。1968・89年に16点の木版画が大英博物館に収蔵され、2000年にはニューヨークADC賞銀賞、2004年京都美術文化賞、2006年京都府文化賞功労賞など数々の賞を受賞しています。
本展では、木田安彦が木版画制作の大成として5年の歳月を費やし、渾身の力で取組み、2009年に完成をみた「西国三十三所」36点をまず紹介します。さらに同年夏、最後の6点を描き上げた5年シリーズのカレンダー「日本の心・名刹」のためのガラス絵30点を一堂に公開。

-パナソニック電工 汐留ミュージアム
港区東新橋1-5-1 パナソニック電工ビル4F
tel.03-5777-8600

-開館時間:10:00-18:00(休館日月曜日・3/22は開館)

-オープニング記念「木田安彦スペシャルギャラリートーク」
1.16(土)14:00-15:00 予約不要
ナビゲーター:村田慶之輔氏(川崎市岡本太郎美術館館長)


2010-01-06

宮原葉月 「イマチュアな僕ら。~3つの小説の世界~」

2010年01月15日(金)-2010年01月20日(水)

イマチュア[immature]=未成熟な。
吉田修一氏著「パレード」、
村上春樹氏著「ノルウェイの森」、
村上龍氏著「村上龍映画小説集」の3つの世界をピックアップし、
その世界に生きる青年(=未成熟な大人)が抱えるピュアさ、苛立ち、無気力、抑えがたい衝動・・・そんな彼らのアンバランスな世界を、
ひとつひとつ大切に表現しました。

-開館時間:11:00-19:00(最終日17:00まで)

-オープニングパーティ
日時:1/15(金)18:00-20:00

-HB Gallery
渋谷区神宮前4-5-4 原宿エノモトビル1F
tel.03-5474-2325


2009-12-21

原 マスミ 「おんなともだち」

2010年01月14日(木)-2010年01月24日(日)

-開館時間:11:30-19:00(会期中無休、土日曜は17時まで)

-GALLERY HOUSE MAYA
港区北青山2-10-26
TEL:03-3402-9849