クリエイターと企業のリンクステーション

2015-09-30

21世紀琳派ポスターズ 10人のグラフィックデザイナーによる競演

2015年10月05日(月)-2015年10月27日(火)

350回企画展
21世紀琳派ポスターズ 10人のグラフィックデザイナーによる競演

2015年10月05日(月)~2015年10月27日(火)

16~17世紀の俵屋宗達、17~18世紀の尾形光琳、18~19世紀の酒井抱一。 江戸時代、およそ100年ごとに、直接の師承関係ではなく私淑というかたちで、琳派の系譜は継承されてきました。光琳は宗達の、抱一は光琳のスタイルとセンスを、時空を超えたシンクロニシティーによって血肉化し、コンテンポラリーな創造を成し遂げたのです。そして、20世紀においては、硬直化、保守化した日本画壇ではなく、むしろ先鋭的なデザインの世界にこそ、琳派のエッセンスが受け継がれています。戦後のデザイン界を牽引した田中一光は、1960~70年代に琳派をはじめとする日本の古美術を巧みに引用したポスターを多数制作しました。彼こそが、まさに「20世紀琳派」というべき存在だったのです。では、21世紀に琳派はどのように受け継がれるのでしょうか。本展では、第一線で活躍するデザイナー10名に琳派からインスパイアされたポスターの制作を依頼し、一堂に展示します。「21世紀琳派」の競演をお楽しみください。(山下裕二/美術史家・明治学院大学教授)

会場

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
〒104-0061 中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル
Tel. 03-3571-5206
11:00am- 7:00pm (土曜日は6:00pmまで)
日曜・祝日 休館  入場無料

ギャラリートーク

■ギャラリートーク1
日時: 2015年10月5日(月) 4:00 - 5:30 pm
出演: 佐藤晃一 + 永井一正 + 原研哉 + 山下裕二(美術史家・明治学院大学教授)
※参加ご希望の方は、9月24日(木)よりこちらからお申込みいただけます。

■ギャラリートーク2
日時: 2015年10月15日(木) 6:30 - 8:00 pm
出演:浅葉克己 + 仲條正義 + 山下裕二
※参加ご希望の方は、10月5日(月)よりこちらからお申込みいただけます。

■ギャラリートーク3
日時: 2015年10月23日(金) 6:30 - 8:00 pm
出演:奥村靫正 + 服部一成 + 山下裕二
※参加ご希望の方は、10月15日(木)よりこちらからお申込みいただけます。

各回共通
会場:DNP銀座ビル3階
入場無料/要予約/各回定員70名
ギンザ・グラフィック・ギャラリーの個人情報取扱いについてはこちらをご確認ください。

Ustream
ギャラリートークはUstreamのライブ中継でもご覧いただけます。
当日ご来場いただけない方もぜひお楽しみください。

URL: http://www.ustream.tv/channel/ginzagraphicgallery

オープニングパーティ

日時:2015年10月5日(月)5:30 - 7:00pm
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー

お問い合わせ

ギンザ・グラフィック・ギャラリー 担当:早川 Tel. 03-3571-5206


2015-09-29

水上多摩江展

2015年10月05日(月)-2015年10月17日(土)

2015年10月5日(月)〜10月17日(土)
水上多摩江展


前回のMAYAでの個展から4年経ちました。この間に作った物を中心に展示いたします。
また今回はじめて作品集を作りました。お越しいただけましたら大変幸せです。

東京生まれ。セツ・モードセミナー卒業。主に銅版画で制作。

装画の仕事に
檀ふみ・阿川佐和子著「ああいえばこう食う」集英社
秋元康著「幸せになるにはルールがある」講談社
江國香織著「薔薇の木琵琶の木檸檬の木』集英社
林あまり著「スプーン」文藝春秋
井上荒野著「グラジオラスの耳」光文社
角田光代著「八日目の蝉」中央公論新社
大島真寿美著「ビターシュガー」小学館 など
その他
コーセー化粧品カレンダー
TOTOカレンダー
角田光代著「八日目の蝉」読売新聞連載
など がある。

ギャラリーハウスmaya

所在地:〒107-0061 東京都港区北青山2-10-26 
tel:03(3402)9849  fax:03(3423)8622
e-mail : galleryhousemaya@gmail.com
開廊時間:11:30am〜7:00pm(土曜日5:00pm迄)  休廊:日曜日


2015-09-29

PEACE CARD 2015 TOKYO展 @MAYA2

2015年10月05日(月)-2015年10月10日(土)

2015年10月5日(月)〜10月10日(土)
PEACE CARD 2015 TOKYO展 @MAYA2

ピースカードは、
だれでも参加できる平和のカード展として1988年に始められました。
一年に一度平和のために絵を描き、絵はがきにして送り、
平和について考える機会を持とうというものです。
平和をテーマとしたピースフルな自作の絵はがきをお寄せください。
宛名面にPEACE CARDという文字を入れた平和を願ったカードを制作、
ご自身の連絡先・氏名とピースメッセージも書き入れ、開催の前週に届くよう、
切手を貼って展示会場宛にお送りください。
届いたカードは、そのまま展示に加えさせていただきます。

ことしのテーマは「わたしたちはもう戦争をしません」です。

★第28回ピースカード東京展/送り先
〒107-0061 東京都港区北青山2丁目10-26 MAYA2
『PEACE CARD 2015 東京展』
TEL 03-3402-9849

【原画展参加者】
青木くるみ 青山タルト あらいしづか inorisaotome ウエタケヨーコ
ウミノカズコ 大須賀理恵 河合美波 北沢夕芸 くまあやこ クロエドールゆう子
斉藤美奈子ボツフォード 櫻井砂冬美 佐藤豊彦 城芽ハヤト スガミカ 鈴木ゆかり
平小夏 高橋みわ 田尻健二 田中彰伯  田中ひろみ 谷口シロウ 那須慶子
那須香おり 南村盛壮 陽菜ひよ子 ヒロミチイト 藤島つとむ MAKO okestudio
みちようこ ミネタトモコ みやかわさとこ 宮原あきこ 諸戸佑美 山口マオ
山福朱実 山本祐司 吉澤つぐみ 吉田利一 吉田美穂子
北見隆 えつこミュウゼ 篠崎三朗 山口はるみ 和田誠

★「わたしたちはもう戦争をしません」の開催をお知らせする触れ歩きにご参加いただける方へ
初日10月5日(月)15:30までに、ギャラリー前のスタート地点にお集まりください。
ギャラリースタートで、すべて右側通行で熊野神社通りから外苑西通り左折→青山通りを右折。
表参道交差点交番前で横断歩道を渡り折り返し、反対歩道を外苑前駅まで。
そこからスタジアム通り熊野神社通りと回り、ギャラリーに戻るコースを触れ歩きます。
DM地図のグレー部分がコースです。
*道路使用許可申請を出さない抜き打ち行進なので、音を出すものはNG。縦一列で普通に歩きます。
途中からフラッシュモブ的に合流いただくのもいいですね。
服装・携行する小物は、 自由です。 DMの内容を踏まえたチラシを若干枚数用意します。

★自作スタンプ募集
くまあやこさんの発案により、会期中の会場で白紙のポストカードカードを100円で販売し、
お客さんに自由にスタンプを押してカードを完成してもらう企画をやります。
この自作スタンプを作っていただけるかたを募ります。
カードサイズの1/4ぐらいまでの大きさで、消しゴムはんこや木彫りなどは自由です。
スタンプパッドは数色用意します。
こちらの売上げは、全額チャリティに回します。

★ウクレレ弾き唄い・ヴォードビリアンのBARONさんのミニライブ
10月7日(水)夕方5時前後より。
7月、モントリオールのボードビルイベント「Voix de Ville」で日本人男性として初の優勝もされました!
オシャレでピースなひとときは、もらったピース分の投げ銭制といたします。

ギャラリーハウスmaya

所在地:〒107-0061 東京都港区北青山2-10-26 
tel:03(3402)9849  fax:03(3423)8622
e-mail : galleryhousemaya@gmail.com
開廊時間:11:30am〜7:00pm(土曜日5:00pm迄)  休廊:日曜日


2015-08-04

中島洋子 個展「模様と装飾」

2015年10月05日(月)-2015年10月10日(土)

2015年10月 5日(月)~10月10日(土)   

「模様と装飾」に目を向けていると人間のすごさに感動します。
描かれたものだけでなく、彫られたもの、付けられたもの、縫われたもの、
かたどられたもの、染められたもの、編まれたもの、印刷されたもの。


スペースyui
〒107-0062 東京都港区南青山3-4-11 ハヤカワビル1F
営業時間:11: 00 ~7: 00 最終日は5: 00終了
日曜日休廊
 
Tel : 03-3479-5889 Fax : 03-3479-1913


2015-09-29

ペーターズギャラリー30周年企画第3弾「ひとりごと ふたり展」

2015年10月02日(金)-2015年10月07日(水)

2015年10月2日(金)~10月7日(水)
ペーターズギャラリー30周年企画第3弾
「ひとりごと ふたり展」

イラストレーターの三枝文子と、かぶらぎみなこのふたり展。
全くタッチの異なる二人が「言葉(文)とイラスト」と言う
共通テーマで描きます。イラストの世界が、言葉と組み合わさる事で
どのような多様性や、奥行きを広げられるのか。ご期待ください。
(また会場には仕事で描いた原画等も、一部展示される予定です)

プロフィール

三枝文子
静岡県の伊豆に在住。主に書籍、雑誌、広告等で活動。
展示会、多数開催。第158回ザ・チョイス準入選(幻冬舎デザイン室長 平川彰さん選)。
第28回全国絵画公募展IZUBI展入選(賞候補)
伊豆の新しいお土産もの豆船モビールのデザインを担当

かぶらぎみなこ
東京都在住。ポスターやイラストルポ、絵地図など、様々なタッチで
幅広く活動中。展示会、多数開催。第160回ザ・チョイス準入選(山口晃さん選)。
第1回富弘美術館 詩画の公募展入選。近著にイラストエッセイ
『親が倒れた日から、いつかくる…その日まで。かぶらぎさん家のケース』など。
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~kabukabu/

イラストと「言葉(文)」があわさる事で、その表現に
どのような多様性や奥行きが生じるのか。
それを表現したいと思い、今回の展示を企画しました。
またその試みを、全くタッチの違うふたりの作家が描く事で
展示に面白味や、幅広い可能性が加わる気がしています。


開館時間/定休日
12:00~19:00/毎週木曜日定休

〒150-0001 渋谷区神宮前2-31-18 
TEL.03-3475-4947 FAX.03-3408-5127