クリエイターと企業のリンクステーション

ギャラリー・クリエイトのfacebookページへ行く「いいね!」お願いします!

2014-07-24

「物語りがうまれる一枚の絵vol.9」

2014年08月22日(金)-2014年08月27日(水)

「物語りがうまれる一枚の絵vol.9」
2014年8月22日(金)-27日(水)

出版絵本の仕事を目的とした展覧会です。
お話しの絵を2〜4点とそのお話しのダミー本を展示します。
絵本制作に携わる関係者に広くご来場いただき、
創作の原点に触れる新たな出会いの場にしてください。

出展者
浅羽容子 大西美沙希 岡本よしろう 奥田あきこ
田仲由佳 とつかりょうこ 豊福まきこ
野見山響子 林なつこ 松屋真由子



OPAギャラリー
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-1-23.1F
TEL 03-5785-2646
E-Mail opa_gs@yahoo.co.jp
Open:11:00-19:00(最終日17:00まで)
Close:Thursday


2014-08-20

ジョン・シェリー In the Shadow of Giants(巨人の影に)

2014年08月21日(木)-2014年08月30日(土)



2014.8.21(木)- 8.30(土)日曜休廊

11:00~19:00 (最終日17:00まで)

絵本「石の巨人、ミケランジェロのダビデ像」(Charlesbridge USA/小峰書店、日本)の原画を中心での展覧会です。



スペースユイ
〒107-0062 東京都港区南青山3-4-11 ハヤカワビル1F 
Tel : 03-3479-5889 Fax : 03-3479-1913
最寄り駅 : 地下鉄外苑前より徒歩8分/地下鉄表参道より徒歩10分
11:00~19:00(最終日17:00)


2014-08-20

歴史を切る~百鬼丸切り絵展~

2014年08月21日(木)-2014年09月23日(火)

歴史を切る~百鬼丸切り絵展~

切り絵ライブ開催日時
8月24日(日)13時30分~ ・15時~    

9月7日(日) 11時30分~ ・13時30分~

9月21日(日) 11時30分~ ・13時30分~

※各日程共に2回開催予定
 8月24日(日)は三振奏者のタケシィさんの演奏あり (2014年8月21日~2014年9月23日)


北鎌倉古民家ミュージアム (旧 鎌倉古陶美術館)
〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内392-1 TEL. 0467(25)5641 FAX. 0467(24)8848


2014-07-24

長野陽一 料理写真展 「大根は4センチくらいの厚さの輪切りにし、」

2014年08月19日(火)-2014年09月05日(金)

長野陽一 料理写真展
「大根は4センチくらいの厚さの輪切りにし、」

2014年8月19日(火)~ 9月5日(金)

11:00a.m.-7:00p.m. 日曜休館 入場無料
ガーディアン・ガーデンでは、2014年8月19日(火)から9月5日(金)まで、「The Second Stage at
GG」シリーズ 第36弾として、長野陽一 料理写真展「大根は4センチくらいの厚さの輪切りにし、」を開催します。本シリーズは、若手表現者を応援するガーディアン・ガーデンの公募展入選者の中から、各界で活躍する作家の、その後の活動を伝えるための展覧会です。

長野は、沖縄や奄美諸島の島々に住む10代の若者たちの写真で、1998年ガーディアン・ガーデン主催の「写真[人間の街]プロジェクト Part.2」に入選し、その後も日本の離島の風景と、その島で暮らす人々を撮り続けています。現在は、雑誌『ku:nel』(マガジンハウス刊)、広告、映画など、様々な分野へと活躍の場を広げています。

これまで意識的に料理写真を撮っている感覚は無かった長野が、昨年、『ku:nel』に掲載される写真に注目していた編集者から、新しい料理写真の担い手として、料理写真の特集本の中で紹介したいと依頼を受けました。SNSでは日常的に料理写真がやりとりされている今、改めて料理写真を問い直します。
 長野は料理写真はポートレイトだと言い、自然な距離感で、料理のありのままを写し撮ります。美味しさの表現だけではなく、生活の温度が伝わる器、テーブルの質感、照らす陽の光と影が、現実を押し広げ、その場に流れる時間や、料理を作る人々の日常の暮らしを想像させます。長野の新たな試みとなる本展を、ぜひ会場にてご覧ください。

ガーディアン・ガーデン


展示に寄せて

はじめての写真展はガーディアン•ガーデンで選ばれた「シマノホホエミ」というポートレイトでした。それから16年、日本の島々やそこに住む人を撮り続けてきましたが、これまでの写真を見返すと、同じくらいたくさん撮っているのは料理でした。最近では雑誌やSNSでそれを見ない日はなく、僕のスマホのカメラロールにも料理の写真があふれています。写真になった料理を見てひとつわかったことは、料理の美味しさだけでなくその背景にある人やストーリーが撮りたいということです。それはポートレイトを撮る時に感じていることと同じでした。僕にとって料理写真はポートレイトなのです。

長野陽一


主催 ガーディアン・ガーデン   
協力 富士フイルムイメージングシステムズ株式会社、マガジンハウス、HeHe 



ガーディアンガーデン〒104-0061
東京都中央区銀座7-3-5
ヒューリック銀座7丁目ビル
(リクルートGINZA7ビル)B1F
11:00a.m.-7:00p.m.
日曜・祝日休館
※展覧会によって開館時間や休館日が変更になる場合があります。


2014-07-29

第336回企画展 びのこづさいぼー:ひびのこづえ+「にほんごであそぼ」のしごと

2014年08月04日(月)-2014年08月27日(水)

第336回企画展
びのこづさいぼー:ひびのこづえ+「にほんごであそぼ」のしごと

2014年08月04日(月)~2014年08月27日(水)

暑さ真っ盛りの8月、ギンザ・グラフィック・ギャラリーにコスチューム・アーティスト、ひびのこづえさんが登場、会場を「びのこづさいぼー」で埋め尽くします。
  独創的な発想で、ファッションデザイナーとも、グラフィックデザイナーとも異なる視点で、多岐にわたるデザインを生み出すひびのさん。いわく「小さな細胞はひとつひとつの集合で新しい物を生み出します。私の仕事も小さなパーツの集合で形を作っています」 本展では、ひびのさんの創作活動の核をなす「細胞」を見据えて、これまでの仕事の数々を紹介します。
  その中心となるのは、NHK教育テレビ(Eテレ)「にほんごであそぼ」の衣装とセットデザイン。2003年より担当する同番組では、出演者が身につけるユニークな衣装やセットで豊かな日本語表現の世界を演出するとともに、童謡コーナーのミニチュアセットも担当。身のまわりにあるモノたちで創り上げるワールドのそこここに、「びのこづさいぼー」が息づいています。そのほか、今までの広告の衣装をはじめ、展開を広げるパフォーマンス「LIVE BONE」や、野田秀樹氏との舞台の今後の展開など、衣装と映像とビジュアルで紹介、gggに新たな「生命」を吹き込みます。
  
※展覧会にあわせて、絵本『にほんごであそぼ 童謡』(DNPアートコミュニケーションズ刊)が出版されます。

会場

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)    
〒104-0061 中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル 
Tel. 03-3571-5206
11:00am- 7:00pm (土曜日は6:00pmまで) 
日曜・祝日休館
入場無料

ギャラリートーク

8月7日(木) 6:30―8:00pm
出演:ひびのこづえ+佐藤卓
会場:DNP銀座ビル3F 
入場無料/要予約/定員70名

※参加予約申し込みは7月24日11:00amより開始します。
 お申し込みはこちら

ワークショップ【虫のブローチをつくろう!】

ひびのさんが舞台やテレビの仕事で衣装をつくったときに残った色とりどりの端切れをつかって、
目に鮮やかな色の糸でチクチク縫いながら、新種の生きものを発見します。
描くことや縫い物が苦手でも大丈夫。あなただけのオリジナル虫をつくりましょう!

■開催日時  8月23日(土) ◎1回目:11:00am―1:30pm ◎2回目:3:00―5:30pm
■会場  DNP銀座ビル3F 
■参加費  1,000円(税込)
■参加資格  小学生以上。小学生は保護者同伴。見学、付き添いは不可。
■持ち物  布切りはさみ、筆記用具、色鉛筆
■要予約 各回定員30名 

※参加ご希望の方はお電話(03-3571-5206)またはギャラリー受付にてお申し込みください。
8月4日(月)11:00amより受付開始します。

びのこづさいぼー

えだわかれする
じゅけいずの
ねもとの
そのさき
おおきさも 
じゅみょうもない
びのこづさいぼーのせかい

はにかんで ものかげに かくれたり
どうどうと こわいかおで はなしたり
いつでも だれかを おもったり
あるいたり わらったり

びのこづの
でぃーえぬえーに
おおわれて
いきてるものも
しんでるものも
ふしぎなせいかつを
いとなむ

それらがみな
きょうは わになって
おどっているよ

松田 朋春

ひびの こづえ Kodue HIBINO

コスチューム・アーティスト
雑誌、ポスター、テレビコマーシャル、
演劇、バレエ、ダンス、映画のための衣装を制作

1958年、静岡県生まれ。1982年 東京芸術大学美術学部デザイン科視覚伝達デザイン卒業、88年よりコスチューム・アーティストとしての仕事を始める。
野田秀樹演出「から騒ぎ」「真夏の夜の夢」「エッグ」「MIWA」、夢の遊眠社「透明人間のゆげ」など、多数の舞台のための衣装他、雑誌、ポスター、「suntory boss silky black」「KAGOME野菜一日これ一本」「ロッテ カリンのど飴」等のテレビCM、ダンス、映画、「宇多田ヒカル」「ドリカム」「大塚愛」「ゆず」「一青窈」等のPVやCDジャケットなど、幅広い分野で、ファッション・デザイナーと異なる視点で独自のコスチュームをつくり続ける。
1997年、作家名を内藤こづえより、ひびのこづえに改める。
2003年よりNHK教育テレビ(Eテレ)「にほんごであそぼ」衣装・セット担当、キャラクターのコスチュームや童謡コーナーのミニチュアセットなど、現在も制作している。翌年より、NHK教育テレビ(Eテレ)「からだであそぼ」の衣装・セットも担当(2009年番組終了まで)。

主な受賞暦
1984年 日本グラフィック展・奨励賞受賞
1989年 日本グラフィック展・年間作家新人賞受賞
1992年 エイボン女性年度賞・エイボン芸術賞
1995年 毎日ファッション大賞・新人賞、資生堂奨励賞受賞
2006年 タカシマヤ文化基金 タカシマヤ美術賞



■ お問い合わせ
ギンザ・グラフィック・ギャラリー 担当:尾澤 Tel. 03-3571-5206