クリエイターと企業のリンクステーション

2013-03-15

『マルマくん かえるになる』刊行記念 広瀬ひかり銅版画展

2013年03月01日(金)-2013年03月21日(木)

『マルマくん かえるになる』刊行記念 広瀬ひかり銅版画展

2013年3月1日(金) - 3月31日(日) / 蔦屋書店1号館 1階 総合インフォメーション

会期:3/1—3/31


蔦屋書店1号館 1階 総合インフォメーション

代官山T-SITEの住所

蔦屋書店〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5.
GARDEN〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15




<フェア 内容紹介>
銅版画絵本『マルマくん かえるになる』(ブロンズ新社)の刊行を記念し、
銅版画家・広瀬ひかりの作品展を開催します。
『マルマくん かえるになる』の銅版画をはじめ、広瀬ひかりの版画作品を多数展示販売。

銅版画家・広瀬ひかりの作品は、手彩色を一切用いず、一色ずつ丹念に銅版を掘りおこし、
刷りで繊細な色合いを表現する独特のスタイル。
ロサンゼルスのカウンティ美術館、ワシントンの米国議会図書館にも作品が収蔵されるなど、
国内外で高い評価を得ています。
この機会に、繊細で奥行きのある広瀬ひかりの銅版画の世界をお楽しみ下さい。

銅版画・広瀬ひかり
http://hh.kouwa-ss.jp/

会場:蔦屋書店1号館1階 総合インフォメーション
入場料:無料
当イベントでは、新刊『マルマくん かえるになる』の絵本原画となった銅版画、
広瀬ひかりの過去の銅版画を展示販売いたします。

<絵本紹介>
『マルマくん かえるになる』は、銅版画家・広瀬ひかりの初となる絵本作品。
7年の歳月をかけてつくられた本作は、おたまじゃくしのおっぽがのこった、
ちいさなかえる、マルマくんが主人公。
うまく泳げず泣いているマルマくんに、がま先生がぴったりのうきわと、
すいちゅうめがねをかしてくれて、特別授業をしてくれます。
おつこぼれのマルマくんが、ゆっくり、ゆっくりかえるになる過程が、
あたたかく描かれます。時間をかけることの豊かさを描いた滋味深い1冊。

<プロフィール>
銅版画・広瀬ひかり
1973年、石川県生まれ。文化学院大学部美術科、版画研究科で版画を学ぶ。
卒業後は各地で個展を開催するなど、銅版画家として活躍。
手彩色ではなく、各色の銅販を一枚一枚丹念に彫りおこし、刷りで微妙な色合いを表現するスタイルで、
独特の美しい作品を次々と発表、国内外で高い評価を得ている。
2006年、ボローニャ国際絵本原画展入選をきっかけに、絵本の世界に興味をもつ。
本作が初の絵本作品となる。

文・片山令子
1949年、群馬県生まれ。
詩の世界だけに留まらず、児童文学、翻訳など、さまざまな分野で活躍している。
主な作品に、詩集『雪とケーキ』(村松書館)、詩画集『ブリキの音符』(アートン新社)、
絵本『たのしいふゆごもり』、『もりのてがみ』『とくん とくん』(福音館書店)、
「のうさぎのおはなしえほんシリーズ」(ビリケン出版)、『たんぽぽのおくりもの』(ひかりのくに)、
物語『ユリとものがたりの木』(ポプラ社)などがある。
..


開催概要
会期: 2013年3月1日(金) - 3月31日(日) 会場: 蔦屋書店1号館 1階 総合インフォメーション 開館時間: 7:00~26:00主催: 代官山 蔦屋書店 協力: ブロンズ新社 お問い合わせ: 03-3770-2525


2013-02-28

渡辺 肇×堀部 公嗣 「人間・人形映写展」

2013年02月25日(月)-2013年03月09日(土)

渡辺 肇×堀部 公嗣
「人間・人形映写展」
2013年2月25日(月)~2013年3月9日(土)11:00AM-6:00PM 
会期中無休

フォトグラファー渡辺 肇氏と、映像ディレクター堀部 公嗣氏がタッグを組み、日本を代表する古典芸能、人形浄瑠璃文楽の世界を写真と映像で御料する映写展です。
近松門左衛門の代表作「曽根崎心中」をテーマに、主人公、お初・徳兵衛の人形が、まるで魂を吹き込まれた
かのように生き生きと動く様子を、ハイスピードカメラや3Dカメラで捉えた映像作品と、曽根崎の森をイメージにした風景写真、そして音楽プロデューサー緑川徹のオリジナルBGMとの相乗効果により、まるで江戸時代の曽根崎の森にタイムスリップしたかのような臨場感を体験していただきます。

さらに、一体の人形を三人の人間を操る、人形遣いの巧みの技が捉えた「エアー人形」の特撮映像も初公開。
通常は決して人前にさらされる事のない、人形の密な動きの秘密が、まるで手品の種明かしのように鮮やかに解明されます。

日本の美しい古典芸能の世界を、最新のビジュアルテクニックで再現する「人間・人形 映写展」。今まで「文楽?」と聞くだけで敬遠してきたような喰わず嫌いの方にこそ味わっていただける展示となっております。


2013-02-21

文星芸術大学 平成24年度 卒業・修了制作展 記念イベント

2013年02月24日(日)-2013年02月24日(日)

文星芸術大学

〒320-0058 栃木県宇都宮市上戸祭4-8-15
tel.028-625-6888 fax.028-625-6822

平成24年度 卒業・修了制作展 記念イベント
「ちばてつや × 佐々木悟郎
マンガがあった!イラストがあった!音楽があった!ボクシングがあった!そしてあしたがあった!」
日時:2013年2月24日(日) 開場12:30 開演13:00〜
会場:文星芸術大学 大講義室 入場無料
[司会:田中誠一.(マンガ専攻准教授)]
 
 【同時開催】宇都宮文星短期大学卒業制作展
 地域総合文化学科 [アートフィールド]イラスト・マンガ、日本画、油画、デザイン


2013-02-21

田中涼子個展「いつかの帰り道」

2013年02月22日(金)-2013年02月27日(水)

オーパ・ギャラリー/ショップ

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-1-23.1F
TEL 03-5785-2646
E-Mail opa_gs@yahoo.co.jp
Open:11:00-19:00(最終日17:00まで)
Close:Thursday


2/22(金)~2/27(水) 田中涼子個展「いつかの帰り道」

一日の終わりの帰り道。ふらふらと空を見ながらぼんやり歩くのが心地よかった。
その日の会話や景色をぼんやり思い出しながら帰った。今思い出す帰り道は、その日あった
出来事と、流れる景色や空気と一緒に形作られている。
過ぎて行った時間とあの時一緒だった人たち、たくさんの時間と帰り道の記憶。
どこかに忘れてきたこと、ぽつりぽつりと思い出して、帰り道の記憶とそのときあった
当たり前の日常を、言葉と一緒に展示したいと思います。

プロフィール
1986年生まれ。三重県出身。武蔵野美術大学卒業。
2008年ギャラリーきらり/グループ展「晴れときどきくもりときどき雨….」
2010年gallryAB-OVO/グループ展「夜の音と朝の雲」
2012年ヒルサイドテラス/「chips展」。ミレージャギャラリー/グループ展「夢の香り展」。
日本版画協会第80回記念版画展入選。


2013-02-22

小林愛美個展 「 minimal 」

2013年02月22日(金)-2013年02月27日(水)

HBギャラリー

02/22(金)→ 02/27(水)

小林愛美個展 「 minimal 」

シカクやマルの単純なカタチに惹かれて描き始め、8年目になります。
わずかな色とカタチで描くモノや風景をぜひ楽しんでください。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-5-4
原宿エノモトビル1F(地下鉄表参道駅 A2出口)
TEL. 03-5474-2325

11:00am~7:00pm(最終日のみ5:00pmまで)
オープニングパーティーの場合は8:00pmまで