クリエイターと企業のリンクステーション

ギャラリー・クリエイトのfacebookページへ行く「いいね!」お願いします!

2013-03-15

第319回企画展 DNPグラフィックデザイン・アーカイブ収蔵品展V LIFE 永井一正ポスター展

2013年03月06日(水)-2013年03月30日(土)

第319回企画展
DNPグラフィックデザイン・アーカイブ収蔵品展V LIFE 永井一正ポスター展

2013年03月06日(水)~2013年03月30日(土)

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)の2013年3月は、「LIFE 永井一正ポスター展」を開催いたします。
半世紀以上にわたり日本のグラフィックデザイン界の最前線で活躍を続ける永井一正氏より、ポスター、版画を中心とする代表作品の数々を、DNP文化振興財団に寄贈いただき、“永井一正アーカイブ”としてこのたび収蔵いたしました。今回の展覧会では4,000点におよぶこの貴重なコレクションの中から、LIFEをテーマにしたポスター作品139点を厳選して紹介いたします。
1980年代後半、抽象から具象へと劇的な変化を経て現在まで続く、主に動植物をモチーフとした「LIFE」を中心とするシリーズポスターの数々。みずみずしい創造力によって生み出されたこれらの作品群からは、かけがえのない命や自然への強いメッセージとともに、まさにあふれ出るような生命力(LIFE)を感じていただけることと思います。

会場

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
〒104-0061東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
tel 03-3571-5206
11:00am-7:00pm(土曜日は6:00pmまで)日曜・祝日休館

ギャラリートーク

2013年3月6日(水)4: 00-5:30pm
出演:永井一正+永井一史
DNP銀座ビル3階にて 要予約・定員70名


いのちの根源を見据え、さらに深い時代性を帯びるメッセージ

永井一正氏はデザインが果たす使命への確とした信念にもとづいて、海外からも熱いまなざしを注がれる清新な表現世界を半世紀余にわたって開拓し、わが国のグラフィズムを主導してきた。
 斯界の扇の要に位置するその永井氏が1980年代後半から、文字通りライフワークとして、デザイン史上例を見出しがたいほどのスケールで取り組んでいるのが、手描きによる有機的な形態を介した「LIFE」を中心とするシリーズである。想像上の生き物を含むさまざまな動物たちを主役にした、やさしさと情意あふれる自然讃歌。いのちの根源を見据える訴えは、地球環境との共生という全世界規模で緊要さを増す課題への真率なメッセージを内包していることで注目される。
 また、多彩を極める飽くなきこの探究(なんというヴァイタルでみずみずしい創造力だろう!)がポスター作品として結晶していることは、グラフィックデザインの原点であるポスターがそなえる社会性と文化性への、氏の信頼の揺るぎなさを証しているといえるだろう。
 3.11.東日本大震災を経て、私たちは生きてあることのかけがえのなさを再認識した。さらに深い時代性および象徴度をくわえる作品群と対話できることは無上の喜びである。
       
臼田捷治(デザインジャーナリスト)

お問合せ

ギンザ・グラフィック・ギャラリー 柳本 03.3571.5206


2013-03-15

複製そして表現へ 美しさを極めるインクジェットプリントの世界

2013年03月05日(火)-2013年05月12日(日)

【P&Pギャラリー】

複製そして表現へ

美しさを極めるインクジェットプリントの世界

リトグラフ、シルクスクリーンに代わる複製画製作手法であるインクジェットプリント。版を製作し圧力をかけて印刷する従来の方法とは異なり、プリンターで出力するオンデマンド印刷のため、少ない数でも安定した色調を再現することができ、複製画の製作において現在主流として用いられている技術です。

これまでの印刷以上に表面感のある用紙が使え、鮮やかで幅広い色彩表現の魅力によって、アーティストの新しい創造ツールとしての可能性も生まれています。そこで本展では、インクジェットプリントの技術とその歴史、また先端表現を紹介します。

会 期 : 2013年3月5日(火)~2013年5月12日(日)
休館日 : 毎週月曜日(4月29日(月・祝)、5月6日(月・祝)は開館)、4月30日(火)、5月7日(火)
開館時間 : 10:00~18:00
入場料 : 無 料
※印刷博物館本展示場にご入場の際は入場料が必要です

■主催
凸版印刷株式会社 印刷博物館

■企画協力
凸版印刷株式会社 グラフィック・アーツ・センター(GAC)
株式会社トッパングラフィックコミュニケーションズ(TGC)

■協力
キヤノン株式会社、セイコーエプソン株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社、株式会社 竹尾、株式会社渋谷出版企画

所在地
〒112-8531
東京都文京区水道1丁目3番3号 トッパン小石川ビル

開館時間
10時~18時(入場は17時30分まで)

休館日
毎週月曜日(ただし祝日の場合は翌日)

入場料
一 般:300円(250円)
学 生:200円(150円)
中高生:100円(50円)
小学生以下無料
( )内は20名以上の団体料金


2013-03-05

わたしのハンス・クリスチャン・アンデルセン  「最後の真珠」

2013年03月05日(火)-2013年03月17日(日)

ギャラリー malle

住所 〒150-0013

東京都渋谷区恵比寿4-8-3 神原ビル1階

Tel&fax 03-5475-5054

Open PM12:00~PM19:00

Den sidste Perie
わたしのハンス・クリスチャン・アンデルセン
「最後の真珠」

2013年3月5日(火)〜3月17日(日)

月曜休廊 最終日16時まで

草間めぐみ 深瀬優子 牧野千穂 吉田稔美


2013-03-15

東京ミッドタウン・デザインハブ テクネ 映像の教室展

2013年03月01日(金)-2013年03月31日(日)

東京ミッドタウン・デザインハブ Tokyo Midtown Design Hub

「デザイン」から、21世紀の日本をもっと元気にしよう。そんなパワーのあるデザインを生みだすためには「技術力だけでなく、デザインを大切にする産業」 「デザイナーのビジネス的視点」「国際的なデザイナーの育成」が重要なポイントです。デザインハブは、これらの課題に積極的に取り組みながら、デザインを 考える創造の場。日本のデザインを世界に広めていくために誕生した新拠点です。
場所 : ミッドタウン・タワー5F
オープン: 平日 11:00-18:00
休館日: 土・日・祝


2013-03-15

『マルマくん かえるになる』刊行記念 広瀬ひかり銅版画展

2013年03月01日(金)-2013年03月21日(木)

『マルマくん かえるになる』刊行記念 広瀬ひかり銅版画展

2013年3月1日(金) - 3月31日(日) / 蔦屋書店1号館 1階 総合インフォメーション

会期:3/1—3/31


蔦屋書店1号館 1階 総合インフォメーション

代官山T-SITEの住所

蔦屋書店〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5.
GARDEN〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15




<フェア 内容紹介>
銅版画絵本『マルマくん かえるになる』(ブロンズ新社)の刊行を記念し、
銅版画家・広瀬ひかりの作品展を開催します。
『マルマくん かえるになる』の銅版画をはじめ、広瀬ひかりの版画作品を多数展示販売。

銅版画家・広瀬ひかりの作品は、手彩色を一切用いず、一色ずつ丹念に銅版を掘りおこし、
刷りで繊細な色合いを表現する独特のスタイル。
ロサンゼルスのカウンティ美術館、ワシントンの米国議会図書館にも作品が収蔵されるなど、
国内外で高い評価を得ています。
この機会に、繊細で奥行きのある広瀬ひかりの銅版画の世界をお楽しみ下さい。

銅版画・広瀬ひかり
http://hh.kouwa-ss.jp/

会場:蔦屋書店1号館1階 総合インフォメーション
入場料:無料
当イベントでは、新刊『マルマくん かえるになる』の絵本原画となった銅版画、
広瀬ひかりの過去の銅版画を展示販売いたします。

<絵本紹介>
『マルマくん かえるになる』は、銅版画家・広瀬ひかりの初となる絵本作品。
7年の歳月をかけてつくられた本作は、おたまじゃくしのおっぽがのこった、
ちいさなかえる、マルマくんが主人公。
うまく泳げず泣いているマルマくんに、がま先生がぴったりのうきわと、
すいちゅうめがねをかしてくれて、特別授業をしてくれます。
おつこぼれのマルマくんが、ゆっくり、ゆっくりかえるになる過程が、
あたたかく描かれます。時間をかけることの豊かさを描いた滋味深い1冊。

<プロフィール>
銅版画・広瀬ひかり
1973年、石川県生まれ。文化学院大学部美術科、版画研究科で版画を学ぶ。
卒業後は各地で個展を開催するなど、銅版画家として活躍。
手彩色ではなく、各色の銅販を一枚一枚丹念に彫りおこし、刷りで微妙な色合いを表現するスタイルで、
独特の美しい作品を次々と発表、国内外で高い評価を得ている。
2006年、ボローニャ国際絵本原画展入選をきっかけに、絵本の世界に興味をもつ。
本作が初の絵本作品となる。

文・片山令子
1949年、群馬県生まれ。
詩の世界だけに留まらず、児童文学、翻訳など、さまざまな分野で活躍している。
主な作品に、詩集『雪とケーキ』(村松書館)、詩画集『ブリキの音符』(アートン新社)、
絵本『たのしいふゆごもり』、『もりのてがみ』『とくん とくん』(福音館書店)、
「のうさぎのおはなしえほんシリーズ」(ビリケン出版)、『たんぽぽのおくりもの』(ひかりのくに)、
物語『ユリとものがたりの木』(ポプラ社)などがある。
..


開催概要
会期: 2013年3月1日(金) - 3月31日(日) 会場: 蔦屋書店1号館 1階 総合インフォメーション 開館時間: 7:00~26:00主催: 代官山 蔦屋書店 協力: ブロンズ新社 お問い合わせ: 03-3770-2525